アフタヌーンサルサ(AF Salsa)は、皆様に、もっと身近で気軽にサルサを踊るサルサレッスンを提供し、渋谷、下北沢、新宿、六本木を代表する東京都心や海外のサルサクラブで自由に、かつ素敵(男性はカッコよく)に踊れるようになるための手助けができればとの思いで、2004年1月からスタートしました。
そして、AFサルサレッスン参加者は延べ2,000名を超える勢いです。
さて、メンバーが増えてくると、メンバー同士の交流もAFサルサでは重要な要素となってきます。 ダンス技術の向上は楽しい反面、時には上達に壁を感じることがあります。
そんな時、同じサルサをやっている仲間がいれば励ましあったり、教えあったり切磋琢磨できます。
もし一人だったら途中でいやになって挫折するところが、仲間がいて、わいわい楽しくやっていると、気がつけばサルサが上達し、さらにサルサが楽しくなって、その奥深さ、魅力に触れることができます。そうなったら、もうあなたのサルサは上達路線に乗ったことになります。
ぜひとも、アフタヌーンサルサで良いサルサ仲間(巷では、サル友と呼ぶ)を作ってください。またダンスだけでなく気の合う(趣味の合う)仲間と友情を深めることも人生にとって非常にプラスになります。
AFサルサは、そんなサルサ大好きの気の合う仲間と交流を深めるきっかけとなればと思っております。

レッスンについて&自分で学べるサルサステップ動画A~E


アフタヌーンサルサレッスンの特徴

レッスン進行
アフタヌーンサルサレッスン構成は以下の通り進行します。 ※サルサ基礎ステップ編ペアワークA~Fをマスターします。
参加費・チケット・パス
アフタヌーンサルサ 基本参加費について
アフタヌーンサルサの1回参加のレッスン構成は以下の通り進行します。
上記スケジュールの14:00~17:00まで全て受講して2,500円です!

11Lesson Pass ¥25,000
レッスン10回分の料金で11回受講できます。
有効期限・・・購入日より1年間
※夫婦または兄弟ペアでご購入の場合は、¥20,000/1人


割引について
サルサ基礎ステップ編

下記サンプル例(ペアワークA)の様なステップシードがレベル別ペアワークA~Fまであり、A~Fの中に、全ての基本ステップを20ステップに厳選しました。この20ステップを組み合わせたステップワーク例A~Fを繰り返しマスターしていきます。同じパターンを繰り返し練習し、理論を体で覚えることによって、無意識に踊ることができるようになります。
サルサ基礎ステップ編ペアワークA
※一部の端末では閲覧ができない場合がございます。
サルサ基礎ステップ編ペアワークB
サルサ基礎ステップ編ペアワークC
サルサ基礎ステップ編ペアワークD
サルサ基礎ステップ編ペアワークE


★サルサペアダンス20の基本ステップ
サルサペアダンスを楽しく踊るために必要なステップを20パターンに絞り込みました。この基本20ステップを完全にマスターすれば、フリーダンスで十分にペアダンスが楽しめます。レッスンでは、この20ステップのみを使ったステップバリエーションの組み合わせを、ペアワークA~Fの6パターンで繰り返しマスターしていただきます。
<基本ステップ>
①ベーシック 
②サイドステップ 
③クンビア 
④ライトターン&レフトターン
⑤クロスボディーリード 
⑥コーム 
⑦ショルダーストップ 
⑧オープンブレイク
⑨コームからのクロスボディーリード 
⑩トリプルターン
⑪クロスボディーリドバリエーション
⑫オープンブレイクからのクンビア
⑬クンビアバリエーション
⑭オープンブレイクからのインサイド&アウトサイドターン
⑮クロスボディーリード&インサイドターン 
⑯フックターン(ハーフ)
⑰リバースクロスボディーリード(フックハーフターン) 
⑱フックターン
⑲クロスボディーリード&インサイドターンバリエーション
⑳ナチュラルトップ(コーヒーカップ)


★男性リードステップの増やし方
レッスン中はできたと思ってもフリーダンスではできない。
などなど男性リードの難しさを感じている人はいませんか?
そこで、男性リードステップをやすためのポイントをアフタヌーンサルサレッスンでは、具体的に紹介します。

<ステップのバリエーション>
サルサ20ステップを使ったペアワークA~Fのステップバリエーションを繰り返しマスターするようレッスンプログラムが構成されています。新しく覚えたステップと既にできるステップ(技)との関係・・・いかにつなげるかについてはアフタヌーンサルサレッスンで詳しく説明します。

<的確で上手な、女性にとって気持ちいいリードをマスターするために>
男性が一人で女性のステップを想像しながら音楽にのってリードステップが踏めるかどうか。そのとき、リードのカウントがサルサ曲のどのカウントか、また、そのカウントの時、女性のステップはどうなっているか明確に理解できるようになります。

<サルサステップの引き出しをたくさん作りましょう>
サルサ基本20ステップを3~4つが一組のステップルーティーンとして、まとめて覚えて、その一組の順番を入れ替えてみる練習を行います。⇒ペアワークA~Fを軸にバリエーションの増やし方をレッスンでご紹介します。

<リード&フォローとサルサステップ(技)>
たくさん新しいステップを覚えたいと思っても、正しいリード&フォローがないと、とても覚え難いし、上達効果は半減します。そして、正しいリード&フォローができてもある程度はステップ(技)の数がないとサルサ1曲(3分~4分)はとても続かなく飽きてしまいます。いずれにしても両方が融合して楽しいサルサとなるのでしょう。